2018年11月

レイキ体験:電磁波問題

迫り来る兵器級の5G通信システム Part2

さて、日本はピョンチャンオリンピックの頃から、私たちの知らないところで5G(第五世代)無線移動通信技術に向けて準備していたとのことです。オリンピックのある2020年の商用化を目指しているとのことですが、すでに使用されつつあるのではと私は考えています。 現行の4Gより1000倍もの大容量データの送受信が可能になるとのこと。それを世界各国で標準化させようとしています。 しかし、5Gに関しては、様々な科学者や医師が「あらゆる種類の生物の健康に被害がある」「皮膚には毛細血管や末端神経があるため、5Gのミリ波の生物学的影響は皮膚の分子構造、神経系を通して伝達される可能性がある」などと、警告しているようで…

レイキ体験:電磁波問題

迫り来る兵器級の5G通信システム Part1

このブログでも今まで頻繁に電磁波の危険性、健康被害について述べてきました。現在、日本もアメリカにならい、人の生きる権利を奪うような通信システムを導入しつつあるということについてお伝えしたいと思います。 私たちは現在犬山に住んでいます。2012年、電磁波被爆を軽くするために名古屋から越してきました。でも、2018年現在、この土地でも電磁波環境が急速に悪化し、鈍感な私でも意識をすれば、様々な周波数の音が聞こえるようになりました。 何もしなくても目は痛いし、頭が何となくどんよりし、眠くないのに眠いような感覚がよくあります。家の中にいても両手を意識すると環境から電磁波の波動がびりびり伝わってきます。 …

アセンション

これも地球のアセンション始まりのプロセスです

地球はアセンションに向けて舵を取り始めています。宇宙から降り注ぐフォトンの素粒子エネルギーや地球の中心から送られてくる高周波の光線は、地球や自然の変化をもたらしているだけではありません。 私たち地球の住民もその影響を大きく受け始めています。その一つに、特に最近、人々、特に集合意識の心理的動き、エモーショナル、感情的動きが大きく津波のように押し寄せては引いていく、押し寄せては引いていく、その大きな動きを感じます。 ブラジルで極右のボルソナロが大統領に選出されました。過激発言で知られ、第二のトランプ、ブラジルのトランプとか言われています。 マンネリ化した腐敗しきった政界や社会制度に絶望している国民…