未分類

八百万津の神の国の使命|

アメリカでは、ミズーリー州、アーカンス州など1日に30ものトルネードが襲い、町が崩壊し、100人を超える死者を出しました。名古屋から東京まで新幹線でも1時間半ほどかかります。その距離に匹敵するものを、一つの竜巻が荒らし回ったと言うから本当に驚きです。

バイデン政権に変わってからアメリカはアフガニスタンを見捨て、自国のワクチン産業を世界に強要し、今度は北京オリンピックのボイコットを諸国に誘導するなど、前政権とどこが違うのだろうと思います。

国も民族も個人もカルマを積めば積むほど、浄化がひどくなります。因果応報の原因と結果が時を待たずに直結してくる時代です。今まで積んできたものもドンドン噴出してきます。地球は大浄化の時代に入ったからです。

日本も、このアングロサクソン民族の動きに、同調圧力から参加しないように、より懸命な判断をすることを願っています。

今や大変な軍事力や軍事テクノロジーを誇る隣国を敵に回して得するものは何もありません。日本はアングロサクソン民族ではありません。大和民族です。光の存在がその日本に望むことは、地球の平和の国のモデル、シンボルになることです。平和な波動で世界を魅せて教えることです。

そのためにはアジア周辺諸国との平和外交、団結が重要です。良い国だろうが悪い国であろうが関係ありません。仲良くすることが大切です。これ以上、アメリカの傘下で隣国に対して吠え続けていけば、日本も台湾と同じような脅威にさらされるのではと思います。

平和ぼけを続けるほど世界情勢は良いものではないようです。国民が国内外に対してもっと目を見開き、自分の国のあり方を真剣に考える時です。歯には歯、目には目では、日本は世界で最初の被爆国になったことから何も学ばなかったことになります。学ばなければ隣国の核の脅威にさらされても不思議ではない時代です。

一方、本当に有り難いことに、日本は四方八方海に囲まれた八百万津の神の国です。ムー大陸の時代からの神々の働きもあります。その働きを得るためには、日本人の霊的使命である、「愛、調和、平和」の国の実現に向かって動くことが必要です。

たとえ国はそのように動かなくても、国民一人一人にその意識があれば、そしてその意識が広がれば、その思いは天に届き、神々の働きが許されるものです。それが人と目に見えない世界との繋がりであり、そこに普遍の法則「値の法則」が働きます。国民がそれに値するエネルギーを放てば、地も天も動きます。

ワクチンもそうです。本物のワクチンは何でしょうか。人々の団結の思いのエネルギーです。人々が互いを尊重し合い、油断することなく互いに気をつけ合って乗り越えていく、その大きな決意、団結の思いが日本に住んでいる人々の中にあれば、神々の世界が働きます。それができればウィルスは本当の意味で終息するでしょう。

しかし、人がワクチンを強要したり、接種、未接種で差別して進んでいけば、社会はますます混乱します。現在、欧米、オセアニアで起こっているように、差別、強要により、たくさんのネガティブな感情やエネルギーを生み出して進んでいけば、神々は眉をひそめ、ウィルスは大喜びで進化し続けていくでしょう。

コロナ危機をきっかけに、ドイツなどユダヤ人に対してしてきたのと類似のことを未接種者に対して行っています。事実上生活ができないように追い詰めています。各国、過去のカルマ、トラウマが大きく浮上してきているようです。存在が言う過去に戻る、そのものの情景がヨーロッパ各国で起こっています。

しかし、これからはパンデミックだけではありません。政治とオリンピック、軍事問題、地球の変動、季候変動、果たして、人類はこの大試しのテストをどう乗り越えていくのでしょうか。

幸い日本は海で囲まれている分、世界のネガティブな動きに直接触れることはありません。その幸せな条件を生かして、日本は独特の進みを選択することができます。平和、相互尊重、目覚め、気づき、調和、バランスに向けて、今こそ一人一人が、明日を心配する代わりに、各人のエネルギーをよりポジティブでクリエイティブなエネルギーに変えていき、日本列島から地球全体に向けて良いエネルギーを発信していけたらと思います。

日本に住む一人一人が、より良いエネルギーを生むコークリエーター(共同創造者)としての道を選択したら、日本は、世界はどうなるでしょうか。ここに日本の神々が日本に住む人々に求める道があるようです。