著書

地球からのメッセージ集

◆「令和元年からの《地球・人類》Rescue Operation」

令和元年からの[地球:人類]Rescue Operation

  • 出版社: ヒカルランド
  • 著者: A・ジョルジェ・C・ロドリゲス / 高木友子

概要

世界の現状を見れば感じるように、現在、人類は大変デリケートで危うい道(詳しくは本で)を進んでいます。その中、地球の神々は何をしているのでしょうか?

地球の神々、光の存在は、宇宙の存在と協力して、「救出活動」Rescue Operation に全力を尽くしています。それは、地球そのもの、地球のパラレルワールドの住人、人類(肉体を持つ人、持たない人)、動植物、すべてに対して向けられています。

「救出活動」というのは、地球の次元上昇に伴って、神々、光の存在が行う地球と人類を含む全ての地球の住民に対する一連の作業のことです。「救出活動」なくしてアセンションはありません。何故かあまり伝えられていない、大変重要な点です。

本書では、「救出活動」とは何か、今地球で何が起こっているのか、このままでは人類の未来はどうなるのか、ではどんな選択肢が私たちに残されているのか、地球はどうなるのか、人類の輪廻転生の最終章に入っている私たち人類への、偉大な神々と言われている、聖白色同胞団を中心とした存在からのメッセージを順を追って、できるだけ分かりやすいようにと編集しました。今を生きる人に是非一読して頂きたい大変貴重なメッセージが満載です。 

◆アセンションシリーズ(全5冊)

[新装版]悟ってもっとアセンション ホワイトブラザーフッドから超緊急の銀河メッセージ

  • 悟ってもっとアセンション
  • 悟って今ここでアセンション
  • 悟ってもっと深くアセンション
  • 悟って愛の波動へアセンション
    • 出版社: ヒカルランド
    • 著者: A・ジョルジェ・C・ロドリゲス / 高木友子

5冊の本は、地球のスピリチュアリズムの中心である聖白色同胞団(ホワイトブラザーフッド*下記注)からのメッセージ集です。

発行された順番は

1 「悟ってもっとアセンション」

2 「もっと悟ってもっとアセンション」

3 「悟って<今ここで>アセンション」

4 「悟って<もっと深く>アセンション」

5 「悟って<愛の波動へ>アセンション」

内容: 政治、経済、宗教、健康、医療、科学、教育など日常にいたるまで、大自然の法則に対して、今の人類の進みの何が正しくて何が間違っているのか、光のマスターによるメッセージ集です。

目的: メッセージの核心を貫いているもの ― 今、地球で何が起こりつつあり、人は生まれる前に地球とどんな約束をしてきたのか、人類はそれを忘れたがためにどんな道を進んでいるのか、そしてこれから地球に来ようとしていることは何なのか ― これらを知り、これからより良い進みに役立ててほしいというのが、マスターたちの願いです。

背景: 地球にも宇宙にも常に、光の存在と闇の存在が存在してきました。地球において光の存在は、人類の霊的進化を促し、地球に愛、平和、調和に基づいた世界を築くように後押しします。闇の存在は、無限の権力拡大を目指して進んでいきます。

そのために彼らにとって邪魔となるものは、人類の霊的進化、つまり目覚めと高まりです。それは、光と闇の存在は人類社会においてどのように機能しているのでしょう?

人の意識を通してです。光の波動で振動している人には、光の世界からのサポートがあり、闇の波動で振動している人には、闇の世界からのサポートがあります。

かつてアトランティスという偉大な文明がありました。宇宙の多次元世界、地球の多次元世界ともコンタクトを取りながら、今の文明では想像つかないようなレベルまで「多次元科学」として進化を遂げていました。

しかし、科学が人のスピリチュアリティを踏みにじり、一人歩きをし始めた時、崩壊のプロセスが始まり、アトランティスは海に沈みました。これは、教科書に載っていない、地球の一つの歴史です。

聖白色同胞団は、海に沈んだアトランティス文明やレムリア文明の過程を全て見守り、必要な時には沢山の警告も促してきました。光のマスターたちは、私たちの現在の文明もこのまま進んでいけば、形こそ違うが、同じ運命をたどる可能性が大きくなると伝えてきます。

宇宙の無条件の愛のエネルギーの中、鋭くも温かい大きな真実の光で、地球の変化、宇宙全体の大きな変化を迎えつつある私たちに、一つの明確な心の指針、方向性を示してくれるでしょう。是非手にとって読んで頂きたいシリーズです。

注)聖白色同胞団とは、太古の昔、地球の救済のために来たサナト・クマラにより、シャンバラを拠点として創設された光の組織です。当時、宇宙から来た様々なグループによる利害闘争のため、地球は崩壊の危機に面していました。聖白色同胞団には、宇宙から沢山の光のボランティアが集まり、それ以来、地球の霊的世界、スピリチュアリズムの中心として、今日に至るまで、地球に転生してきたあらゆる命の霊的進化を支え続けています。

レイキ・光の存在・アセンション」
内容ご紹介
もともとレイキは1922年、臼井先生により、鞍馬山での断食瞑想の末、光の世界と繫がることにより(天啓)もたらされたものです。同書は、そういったレイキをサポートする光の世界から、21世紀を生きる人類に向けて降ろされた情報を元に生まれたものです。
レイキの真実を、宇宙の法則に正しくお伝えするように最大の注意を払って書き下ろしました。
レイキを見直し、より豊かな人生を送るために、同書を活用して頂ければ幸いです。

レイキ・光の存在・アセンション

    • 出版社: 元就出版社
    • 著者: アウグスト・ジョルジェ・C・ロドリゲス / 高木友子