クォンタムヒーリング

(*ディーパック・チョプラの心身医学とは関係ありません。)

冬の夜空にひときわ輝いている星、シリウス、その輝きが近年一段と増してきているように感じます。宇宙全体がアセンション(クォンタムジャンプ)、次元上昇に向かって進む中、光を増しているのは私たちの太陽だけではありません。太陽系をサポートしている諸恒星のエネルギーも、本質的に変化してきています。

ギリシャ神話だけでなく、星にまつわる神話は世界中にありますが、根拠がなければ神話も生まれないでしょう。地球にまつわる宇宙の歴史が隠されている神話も少なくないように思います。

星がちりばめらた夜空を眺めているうちに、多くの人が不思議な郷愁を感じるのではないでしょうか。神秘な創造の世界に誘われ、自分はどこから来たのだろう?とふと思うかもしれません。私たちの魂の起源は宇宙、多次元の創造の世界にあるからです。

私たちの目には「無」から「有」が誕生する世界、その無は空っぽの無ではないのです。次元が違うので今の人類の科学では分かりませんが、そこは創造の世界が生き生きと働いている世界です。

私たちの銀河系「天の川銀河」には数々の星雲がありますが、それは単なるガスの塊の世界ではありません。その星雲の中にこそ、クリエーター(創造者)たちの世界が8次元、9次元・・・と無限にも思われる次元の高み、広がりの世界に繋がる多次元ポータルが存在し、ポータルと繋がる多次元世界が展開しています。

スピリチュアル、スピリチュアリティとは何でしょうか?

宇宙には厳然とした秩序が存在します。創造の源に繋がる多次元的秩序です。秩序ある宇宙のことをコスモス(cosmos) と呼び、ユニバースとは呼びません。秩序があるのは、秩序を生み出している世界があり、そのために働いている誰かがいるからです。

「スピリチュアリティ」とは、神聖なプロジェクトの下、生きとし生けるもの全てを霊的進化に向けて進んでいくのを助ける霊的法則、それに関わる存在を含む霊的世界全体を意味する言葉です。それはすべてエネルギーにより表現されます。

現在、天の川銀河のスピリチュアリティの中心は、シリウスの三重星「アルファ・オメガ」に存在し、太陽系も地球の進化のプロセスも全て、アルファ・オメガに従います。

クォンタムヒーリングは、宇宙の神聖幾何学に基づくコスミックシンボルを通して、アルファ・オメガから来るエネルギーと繋がって行います。クォンタムは量子を意味しますが、それは多次元宇宙のコスミックエネルギーの世界を表します。従って「コスミックヒーリング」とも「コスミックレイキ」とも呼べるでしょう。

量子物理学と言えば現代の最前線を連想させますが、クォンタムヒーリングは高次元の世界と繋がっておこなう量子医療と言うこともできるかもしれません。

クォンタムには沢山のシンボルが存在します

人体はミクロの世界です。各人、体質ばかりでなく、魂の起源、エネルギーの性質、霊的性質が異なります。地球での体験ばかりでなく、地球に来る前の宇宙での経歴、体験、体も異なるからです。よって過去世もカルマもトラウマも異なります。

そのため、同じ症状であっても、ある人はAのエネルギーがよく働き、ある人はBのエネルギー、ある人はAでもBでもなくXのエネルギーが有効かもしれません。また、同じ人でもその時々の状態により、必要とするエネルギーも異なるでしょう。

そのため、クォンタムセミナーでは、学びのプロセスに従い、様々なレベルのシンボルを伝授させて頂いております。

クォンタムヒーリングの伝授では、各人の縁の存在がクォンタムのガイドとして降りてきます。ヒーリングを実践し、その繋がりを培っていくに従い、次第にインスピレーション、テレパシーといった形で、ガイドから、ヒーリングだけでなく、人生を前に向かって進んでいく上で、様々なサポートが得られるようになるでしょう。

私たちが今まで書かせて頂いた本も皆、このような繋がりの中で、宇宙や地球からの情報という形で頂いたものです。宇宙の法則にとって、地球の現実はどのように映るのか、物事の指針、生き方の指針を学びたいと思われる方には、是非おすすめです。

なお、クォンタムヒーリングの更なる詳細をお望みの方は、下層ページをご参照して下さい。