心身の不調の原因とヒーリングによる浄化現象 (好転現象)

1. 心身の不調の原因について

レイキやクォンタムヒーリングを受けたり、講習でアチューメントを受けたりすると、非常に眠くなったり体がだるくなったり、鼻が出たり、下痢や吐き気がするような場合があります。

そのような症状は、各人のエネルギー的状態により、すぐ治まったり一週間ほど続くような場合があります。東洋医学の中では「好転現象」と呼ばれている、そういった浄化作用とはどんな意味を持つのでしょうか?

私達は肉体の他に、次のような微細身を内包しています。

肉体 ― エーテル体(二重構造) ― アストラル体 ― エモーショナル体 ― メンタル体下位 ― メンタル体上位― コーザル体 ― ブディック体 ― アトミック体

人体はそのような多次元ボディから構成されており、その中に心やメンタル、感情などがあります。

その微細身(エネルギー体)の中で肉体に一番近いのがエーテル体であり、奥に進めば進むほど微細身の周波数は精妙になり、一般には認識は不可能になります。

心や体の不調は、その多くが肉体そのものに原因があるのではなく、その奥の体に存在しているのです。レントゲンを通して肉体的に何も見つからなくても、その時、肉体に一番近いエーテル体が病んでいれば、発病するのに2年はかからないと言われています。

ですから、そうなる前にエーテル体と問題の発生している微細身の不調を正し、それを維持する事ができれば、病気の予防に繋がります。

エーテル体レベルが病めば、様々な形で違和感を覚える人も少なくないようですが、そのような場合その違和感を正す努力をする事が必要です。私達の生命エネルギーは、生体電磁波として体中を流れています。肉体を流れるエネルギーを気と呼び、その主要な通り道を経絡と呼びます。しかし、肉体を流れる気エネルギーだけではなく、上記の各微細身にも、それぞれ周波数の異なる生命エネルギーが流れています。

どの体にもエネルギーが正常に流れていれば、決して不調や病気になる事はありません。

問題はどこかの体に何らかの形で、多くの場合は複合的にブロック (詰まり) を起こし、エネルギーレベルで異常をきたしていることです。 生命エネルギーにブロックをかけたり、正常な生命活動を阻害しているものには、次のようなものが挙げられます。

  • ●ネガティブな想いのエレメンタル(自分が作りだした、もしくは他人から受けた恨み、憎しみ、怒り、不安、心配、うらやみ、ねたみ、嫉妬などネガティブな感情のエネルギー)や人の生霊
  • ●ネガティブな思考パターンや生き方、それによりもたらされるネガティブなパラレルワールドとの繋がりによる霊的、心理的影響
  • ●家庭や学校などの環境、幼少から思春期にかけての虐待などネガティブな体験とそれに起因するトラウマ的な記憶
  • ●幾多の過去世から現在に至るまでの未浄化の問題、カルマ、トラウマなど
  • ●家系のカルマによる霊的な影響(DNA)
  • ●住んでいる土地の霊的波動によるもの(ジオパシー的ストレス)
  • ●飲食物の汚染(ホルモン剤、抗生物質、農薬、一般添加物などの化学物質や重金属を含む食品の日常的摂取)
  • ●遺伝子組み換え物質を含んだ食品や放射能汚染→DNAレベルでの影響
  • ●食生活の乱れ、アルコールの過度な摂取、喫煙、睡眠不足、運動不足といった生活習慣によるもの
  • ●薬やサプリなどへの過度な依存
  • ●経絡を流れる生命エネルギーのアンバランス(過不足)
  • ●物質次元のウィルス、バクテリア、カビなど(顕微鏡で見えるもの)
  • ●エーテル次元に存在する非物質のウィルス、バクテリア、パラサイトなど。エネルギー体に侵入し、結果として肉体に異常を引き起こす。(原因不明の感染症や病気の原因)
  • ●過度な放射線
  • ●パソコン、スマホ、携帯電話、無線ラン、IH調理器、ホットカーペット、空調設備などの電子・電気機器や携帯電話中継アンテナ、高圧鉄塔、電線、電柱などから放出される電磁波や放射線などによる職場や住環境の悪化
  • ●住居を含む全ての建造物に使用される化学物質
  • ●排気ガス、粉塵などの空気汚染
  • ●過度な人工的放射線、太陽や宇宙からの放射線、地球の磁場の変化、気候の変化
  • ●肉体、心理、精神、感情的に影響を及ぼすチップ、インプラントなど(3~5次元レベルで存在)等

2. 浄化作用 (クリーニング) について

クォンタムヒーリングもレイキも、宇宙の法則に基づいたヒーリングエネルギーです。人体も宇宙の法則に基づき誕生したものです。人体を支えている条件が法則にかなっていれば健全で、何かが法則に反していれば、異常や不調に繋がりやすくなります。

ヒーリングは、本来の調和した健全な状態を回復するプロセスを導くものです。そのプロセスで、不調和なものをクリーニングするために、浄化のプロセスが促進されます。浄化現象に対する理解を深めることは、真の自然治癒を理解する上での基本です。

浄化現象は各人の感性や状態、体質などによって異なり、気付かない形で行われる方が多いようです。

以下、体験から一般的な浄化現象を挙げてみました。

  • ●熱が出る (熱を出して体の毒素を溶かそうとする)
  • ●下痢や悪臭のある大便が出る (毒素や不要なものが出る)
  • ●おしっこが濃くなったり匂ったりする (毒素や不要なものが出る)
  • ●発汗作用が高まる (毒素や不要なものが出る)
  • ●風邪でもないのにはなが出たり、せきや痰がでる (体内の毒素が溶けて出たり、潜んでいたウィルス、バクテリアなどが出てくる)
  • ●皮膚に発疹や吹き出物などがでる (体の奥に隠れていた毒素やウィルスなどが浄化のプロセスとして表面に出る)
  • ●体がたるくなる (ネガティブなエネルギーの浄化や肉体的浄化)
  • ●嘔吐やあくびがでる (ネガティブなエネルギーの浄化や肉体的浄化)
  • ●異常に眠くなる (ネガティブなエネルギーの浄化や肉体的浄化)
  • ●古い感情や忘れていた記憶などがよみがえったり落ち込んだりする (感情などの浄化など)
  • ●関節などが、浄化のプロセスとして熱をもったり腫れたりする
  • ●経絡の流れがよくなり、携帯電話やパソコンなどから受けた電磁波やネガティブエネルギーが体外へ放出される際、神経系統に触れたりして一時的な痛み、痺れ、ぴくつきなどが起こる 等

ご参考になさって下さい。