デヴァレイキ

デヴァレイキとは

レイキの創始者、臼井レイキの教えをベースに、宇宙と地球の中心から地表に届けられるヒーリングエネルギーとのつながり方を、 時代に合わせて進化させたものです。

今までレイキの世界では、ユニバーサルエネルギーとつながりヒーリングを行ってきました。しかし、誰が自分たちの活用しているエネルギーを創造し動かしているのか、明らかにされてきませんでした。

デヴァレイキでは、ユニバーサルエネルギーと呼ばれてきた火、水、土、風、エーテル(空間)のエレメントに基づくレイキエネルギーをコントロールしている存在、“エロフィム、オリシャー、デヴァ”とつながり、彼らのサポートの下でヒーリングをすることになります。

彼らは地球創造の時代から、地球や大自然、動物、人類など、すべての命の誕生と存続に必要な生命エネルギーの創造と調整に当たってきた太古からの神々です。彼らの働きなくては、地球には自然も命も何も存在していないでしょう。

時が熟し、今までレイキの世界では未知であったレイキエネルギーをコントロールしているデヴァの世界とストレートにつながることが許されるようになりました。デヴァレイキのイニシエーション(アチューメント)の中で、そのようにエネルギーのパイプを創造します。

デヴァレイキのヒーリングエネルギーのパイプは、より深くより精妙になり、今までなかった新しいヒーリングのエッセンスが力強く加わります。デヴァレイキとつながった一人一人が、実践の中で「つながる」とはどういう意味か体験するでしょう。

デヴァレイキの誕生

デヴァレイキは、レイキの先駆者である臼井先生が残したレイキをベースとし、人類が今まで知らなかったことを理解し、エネルギーの進化に応じた形で、今のレイキエネルギーとのつながりを習得し、これからの進みのために活用していくものです。

デヴァレイキの創始者、A・ジョルジェ・C・ロドリゲスは、22年にわたり瞑想、レイキ、更にクオンタム(量子エネルギー)をベースとしたヒーリングの世界を追求してきた中で、多くのことを発見し、様々な学びを得ることができました。

2016年の1月初め、瞑想を通して、現実のエネルギーの動き、現在の宇宙の法則に従ったヒーリングエネルギーを伝えることが急務であるとインスピレーションを受けました。その中でスピリチュアル次元でメンター(レイキの霊的指導者)、ガイド、光のヒエラルキーから、新しいレイキのイニシエーションを受けたことにより、デヴァレイキのエネルギーが発現しました。

それにより、今まで到達できなかった人体の重要なエネルギーフィールドにアクセスすることが今ようやく許されるようになりました。