クォンタムヒーリングの源 – アルファ・オメガとは

クォンタムヒーリングは、私たちの太陽系のセントラルサン、シリウスにある「アルファ・オメガ」から来る非常に精妙な素粒子 (量子) エネルギーを活用します。

セントラルサン「アルファ・オメガ」は、文字通り私たちの太陽系の中心の太陽(エネルギーセンター)です。

エネルギーセンターとは、担当する宇宙のあらゆる情報を把握し、その創造進化を推進していくスピリチュアル次元の行政庁のようなものです。現在、私たちの太陽系の霊的進化は、シリウスの「アルファ・オメガ」によってサポートされています。数十年前までは、世界のスピリチュアリズムで知られているプレアデスのアルシオネが中心でした。

おなじみのイエス・サナンダやサナト・クマラ、クツミ、マイトレーヤ、クワンイン(観音)、サンミカエルなどの大天使、天使、メルキゼデク聖団なども、アルファ・オメガで活動していると知れば、分かりやすいかもしれません。

現在、フォトンエネルギーを中心として大量のコスミックエネルギーが地球や人類に降り注いできていますが、それは人類が考えているように宇宙の中心から直接来ているのではありません。銀河の渦の中心から放射される強いエネルギーも直接地球に降り注いでくれば、科学者がしばしば警告するように、誰も生きていくことができないでしょう。

そのため、各星系や惑星の進化のプロセスに従い、中心から来るエネルギーを中継・調整し、霊的進化のサポートをしているのがアルファ・オメガです。

中南米や欧米などではアルファ・オメガは、ヒーリングや意識の目覚めや繋がりのための最先端のエネルギーとして、重要な研究対象の一つとなっているようですが、残念ながら日本ではその方面での研究は進んでいないようです。

クォンタムヒーリングでは、アルファ・オメガを含む宇宙のシステムの一端を学び、 数多くのコスミックシンボルを通してアルファ・オメガのエネルギーと情報 (宇宙の叡智) に繋がります。

それらを、深いレベルでの浄化や癒し、意識の目覚めや高まり、忘却の彼方に葬り去られた多次元宇宙との繋がりの回復 (リコネクション) のために活かして頂ければと思います。