セラピー(施術)の内容

セラピー(施術)では何をするのでしょうか?

全てのものは波動を放っています。人体も、健康状態を波動という形で外に伝えています。
原因となるものも、波動エネルギーという形でサインを送っています。
現代医療では、X線を使って体の内部を映し出します。手から放射されるヒーリングエネルギーは、それよりもはるかに精妙な癒しのエネルギーです。そのエネルギーを活用し、体の奥深くに潜む原因を探り、治癒に導いていきます。
以下、セラピーの大まかな内容です。
  • 1. お話をよくお伺いした上で、手の感覚を通して、体の奥の波動を読み、不調や病気の根本原因を探します。
  • 2. 各種ヒーリングエネルギーにより、不調の元となっている霊的、肉体的ブロック (詰まり) を浄化し、不調和な(病的)エネルギーを健全なエネルギーへと導きます。
  • 3. その上で、痛みや不調を感じる部分、患部や弱っているところが正常な状態になるよう、蘇生、回復を促します。
  • 4. 最後に、肉体の正常な働きのベースとなる生命エネルギーが、経絡(けいらく)など本来の回路を正しく流れ、免疫を強化するように導きます。生命エネルギーが体内を正常に流れ始めることは、心、メンタル、肉体的問題など、全ての問題の根本治癒への第一条件です
  • 5. セラピーに用いるエネルギーは、人により異なります。各人、問題の原因、深さ、過去世、遺伝的体質などが異なるので、それぞれに応じたヒーリングエネルギーやテクニックを用いて行います。

  • 手から放射されるヒーリングエネルギーを活用し、不調の元となっている内臓のネガティブエネルギー:ウィルス、バクテリア、抑圧された感情のエネルギー、過去世に関わるネガティブエネルギーを取り出し、クリーニングする様子。