真実を見る

真実を見る

ウクライナ問題

現在日本だけでなく、幾つかの国を除き、世界中の人がウクライナに同情し、ロシアは狂っていると思っているのではと思います。 急激に社会や世界情勢が悪化してくる今、よく思うことは「光の中にも闇ありき、闇の中にも光ありき」ですが、最近特に思い知らされることは、「真実の中にも嘘ありき、嘘の中にも真実ありきです」。 戦争はもちろん悪いことで、人を殺すことを正当化する理由は決してありません。しかし、ロシアが狂っていないのも確かです。 ロシアがこういうアクションを取ることになった一番の背景にはアメリカがあります。トランプの時は、アメリカ経済を守るため、アメリカは西側諸国との軍事協力から撤退し世界を失望させまし…

真実を見る

日本はデジタル化28位、ラッキーな国!だと思うのですが

日本はデジタル化28位だそうです。日本は遅れているから悔しいと思うか、幸いと思うかそれぞれだと思います。 デジタル化は何を意味するのでしょうか。デジタル化イコール先進諸国、進化した国だと思う人は多いかもしれません。でも本当にそうでしょうか。 デジタル化はコンピューターによる監視、管理社会のことを意味します。人としての自由、スピリットを持った人としての自由、人権がなくなることを意味します。デジタル化が超進んでいるお隣の大国を見て頂ければ、それが幸せか、どうか想像がつくのではと思います。 日本でデジタル化が遅れている要因には様々あると思いますが、一番大きな理由の一つは日本では個人情報が大切にされて…

未分類

八百万津の神の国の使命|

アメリカでは、ミズーリー州、アーカンス州など1日に30ものトルネードが襲い、町が崩壊し、100人を超える死者を出しました。名古屋から東京まで新幹線でも1時間半ほどかかります。その距離に匹敵するものを、一つの竜巻が荒らし回ったと言うから本当に驚きです。 バイデン政権に変わってからアメリカはアフガニスタンを見捨て、自国のワクチン産業を世界に強要し、今度は北京オリンピックのボイコットを諸国に誘導するなど、前政権とどこが違うのだろうと思います。 国も民族も個人もカルマを積めば積むほど、浄化がひどくなります。因果応報の原因と結果が時を待たずに直結してくる時代です。今まで積んできたものもドンドン噴出してき…

真実を見る

沈黙するウィルス

ここしばらく日本では異常に感染者が減ってきました。でも本当にコロナウィルスは消滅に向かっているのでしょうか。以下、(ブログでもできるだけ差し障りのない形で)光の存在からのメッセージをお伝えしたいと思います。 「あなた方の社会ではコロナが減っているように見えますが、現在人の体の中にいて、働いています。ワクチン未接種者の中で作られた抗体は、接種者の中で作られた抗体より強いのです。多くの未接種者の中では、人の神聖な部分が働いているからです。 中略 100%の免疫を得るためには、一切のワクチンのナノテクノロジーがあってはなりません。ワクチンのナノテクノロジーは自己免疫を弱め、更に重篤な危険な病気を作り…

真実を見る

「2元性を上手に生きる」を学ぶ時

一見、世界では物事がすごいスピードで変化しているようです。でもどこにも向かっていないように見えます。どうでもよいことに人の時間を奪い、肝心なことがあちこち抜けている感じがします。最近、不便になったと思うこと、おかしいと思うことがたくさんあります。人類の進みにハムスターの観覧車(回し車)が重なります。 さて、アメリカは光と闇が最も対照的な形で動いている国です。素晴らしいものとそうでないもの、権力と愛、真実と偽りが生まれる国です。 少し前のことです。新しいニューヨーク市長が医療従事者にワクチンを義務づけました。アメリカでは摂取率は53%ほどです。アメリカでは真実を知っている人が沢山います。ワクチン…

真実を見る

「自分を愛する」とは

「自分を愛する」とうコトバが流行している時代です。 自分を愛するということは、自分の長所も短所も体のどんなところも受け入れて認めること。本当に自分を受け入れ、自分に意識を向けるようになれば、次第に自分を尊重するようになります。尊重すれば自分を大切にするようになります。大切にするようになれば、自分の体のことも感じるようになるものです。 自分の体に意識を向けると、体が欲しているものと自分が食べたい、飲みたいと感じるものと違うことが多いことにも気づくものです。少しずつ体と自分の繋がりが分かり始めます。そうなれば、簡単に外からの異物を信用するでしょうか。 本当に自分を愛するようになれば、死にそうではな…

真実を見る

神々の声を聞く時、共に進む時

8月に入り、ここ飛騨地方でも雨が降ったり、やんだり、ほんの時折日差しが出たりとはっきりしない日がずっと続いていました。 先日夕暮れ時、飛騨バスから見た光景です。小雨が降りしきる中、温度も上昇し、山々に囲まれた飛騨川沿いに、もやがたれ込み、山の輪郭がはっきりしていません。 ずっと見つめていくと、そのはっきりしない世界に飲み込まれていくような感じになります。ふと、今の人の世に似ているなと思いました。人の意識も霞がかかっているかの感じです。多くの人の意識がケータイの向こうの意識界を旅しているように感じます。それでは現実も遠くに感じるのでは? 触れることができるのが現実です。ケータイの世界は多々、人々…

真実を見る

思いつくままに・・・3(補足)

お盆の前、WHOがアクチン義務化反対の声明を(やっと)出しました。日本でもワクチン圧力がかかっている職場があります。朗報になればと思います。 さて、オリンピックでは、このような異常な環境で各国選手はよく戦い、多くの感動を人々に残しました。選手の強い精神力は、私たちのこれからの進みにとって励みのエネルギーになります。是非生かしていくことができればと思います。 一方、今回ほど、お金や権力を求める人々のエゴを見せつけた五輪はなかったように思います。史上最大の出費となったこの五輪のつけは、いずれ国民が背負うことになるのですネ。 また、五輪開催は国民のマインドにも影響し、間接、直接的にパンデミックの拡大…

真実を見る

思いつくままに・・・3

先日ちょっと、いえ、かなりびっくりしたことがありました。 時間がある時、天気であればエネルギーを探して周辺の自然を歩き回ったりしています。中々、求めているような光のポータルに出くわすことはありませんが、特に神社があるところは、エネルギーに恵まれているところが少なくないようです。 先日、ふとある境内に入り、そこの住職さんとお話するチャンスがありました。中に案内されて、ご本尊の前に座ると強烈なエネルギーを感じました。それで、住職さんに「ここは火のエネルギーが大変強いところですね」と話しかけてみました。 そしたら、「どうでしょうか。ここは昔火事があったみたいで、いつだったけなぁ?」と火事の歴史につい…

真実を見る

思いつくまま・・・2

海外の記者やアナリストは、日本の立場はIOCが決めるのでなく、決めるのは日本のはずだと言っています。数ヶ月前フランスのマクロン大統領は、フランスが会場だったら間違いなくキャンセルすると言っていました。 海外では再感染が始まっていても、ノーマスクで集い、飲み歩きを始めています。あんなに厳しかったイギリスは、もう感染予防対策を放棄したかのようなことを言っています。ウィンブルドンのテニスでも観戦者はノーマスクで歓声を上げています。この勢いで外国からオリンピック参加者、特に関係者がドンドン来日しています。 オリンピック施設ではノーマスクで飲食している人も少なくないそうですが、感染に関する情報は非公開と…

真実を見る

思いつくまま・・・・・

‎アメリカ人が言いました。 日本は電気製品が多すぎ。複雑だしすぐ壊れる。作りすぎ。ゴミばかり作っている。シンプルで長持ちする良いものを作って欲しい。私もずっと思ってきたことをズバリ言ってくれました。テープレコーダー、昔は何年も持ったけど、数ヶ月で保証修理に出すこと、もう何台目でしょうか。ファッション時計、3つ目の交換で何とか動いています。   人の感情、エモーションは顔に表情となって現れます。最近はマスクで人の感情が読みづらくなっています。でも目は見えます。目は心の窓、メンタルの窓です。心の力、メンタル が弱くなると人の目を見るのが怖くなると言います。田舎に引っ込んでいるので、機会が…

真実を見る

法則に逆行するオリンピック

つい先日2月13日、福島県で大きな地震がありました。南海トラフに繋がらなければと思っています。また、ファイザー社のワクチンが日本人の血液に入ろうとしています。オリンピックについても森会長の辞任劇があったばかりです。こういった一連の事は偶然ではありません。 法則の世界は私たち日本人に何を伝えようとしているのか、本来なら私たち一人一人がもっともっと深く真剣に考える時にあるように思いますが、よそ事のように見ている人が多いように感じます。 オリンピック開催の有無は、私たち日本に住んでいる人全員の今後に大変な影響があるようです。それだからこそ初めから出鼻をくじかれたのだと感じます。 しばらく前にオリンピ…