真実を見る

真実を見る

思いつくまま・・・2

海外の記者やアナリストは、日本の立場はIOCが決めるのでなく、決めるのは日本のはずだと言っています。数ヶ月前フランスのマクロン大統領は、フランスが会場だったら間違いなくキャンセルすると言っていました。 海外では再感染が始まっていても、ノーマスクで集い、飲み歩きを始めています。あんなに厳しかったイギリスは、もう感染予防対策を放棄したかのようなことを言っています。ウィンブルドンのテニスでも観戦者はノーマスクで歓声を上げています。この勢いで外国からオリンピック参加者、特に関係者がドンドン来日しています。 オリンピック施設ではノーマスクで飲食している人も少なくないそうですが、感染に関する情報は非公開と…

真実を見る

思いつくまま・・・・・

‎アメリカ人が言いました。 日本は電気製品が多すぎ。複雑だしすぐ壊れる。作りすぎ。ゴミばかり作っている。シンプルで長持ちする良いものを作って欲しい。私もずっと思ってきたことをズバリ言ってくれました。テープレコーダー、昔は何年も持ったけど、数ヶ月で保証修理に出すこと、もう何台目でしょうか。ファッション時計、3つ目の交換で何とか動いています。   人の感情、エモーションは顔に表情となって現れます。最近はマスクで人の感情が読みづらくなっています。でも目は見えます。目は心の窓、メンタルの窓です。心の力、メンタル が弱くなると人の目を見るのが怖くなると言います。田舎に引っ込んでいるので、機会が…

真実を見る

法則に逆行するオリンピック

つい先日2月13日、福島県で大きな地震がありました。南海トラフに繋がらなければと思っています。また、ファイザー社のワクチンが日本人の血液に入ろうとしています。オリンピックについても森会長の辞任劇があったばかりです。こういった一連の事は偶然ではありません。 法則の世界は私たち日本人に何を伝えようとしているのか、本来なら私たち一人一人がもっともっと深く真剣に考える時にあるように思いますが、よそ事のように見ている人が多いように感じます。 オリンピック開催の有無は、私たち日本に住んでいる人全員の今後に大変な影響があるようです。それだからこそ初めから出鼻をくじかれたのだと感じます。 しばらく前にオリンピ…

真実を見る

2021年初めに 

2021年新春のお慶び申し上げます。 昨年はコロナかで明け暮れましたが、今年はどうなるかそれは私たち一人ひとりの意識と行動だと思います。 内容は前回のブログの続きとして、以下オリンピックについて言及しているメッセージの一部をそのまま、この年初めに掲載したいと思います。 「さて、世界でこれほど人が亡くなっているのに、日本はオリンピックのことを言っています。コロナで苦しんでいる人々、パンデミックで職を失いお金のない人はどんな思いでオリンピックを見られるでしょうか。もうそんな時代ではないことが分からないのでしょうか。 今の時代、オリンピックを開催すれば人々を更に分断します。そのオリンピックにはどれだ…

真実を見る

おかしなことが普通になる時代

やっとGO TO に歯止めがかかってきました。コロナウィルス拡散キャンペーンは見事に拡散の目的を果たし、停止に追い込まれているようです。 誰が見てもGO TO がここまで感染を拡大したことが明らかなのにも関わらず、ニュース解説者や医療関係者など、国の顔色をうかがっているのか、歯切れの悪い発言が多いように感じます。 目にはっきりと見えるものさえも見えないかのように振る舞う、まさにアメリカの動き、誰かがフェイクと言えば半数のアメリカ人が信じるのは、驚きを越えて言葉もありませんでした。 でもよく考えて見れば、福島の時もしかり。事実も風評という言葉で一掃され、チェルノブイリ以上とか言われた放射能もどこ…

真実を見る

この国は、私たちはどこに行きたいのでしょう?(2)

以下オリンピックについても言及しているメッセージの一部です。 「さて、世界でこれほど人が亡くなっているのに、日本はオリンピックのことを言っています。コロナで苦しんでいる人々、パンデミックで職を失いお金のない人はどんな思いでオリンピックを見られるでしょうか。もうそんな時代ではないことが分からないのでしょうか。 今の時代、オリンピックを開催すれば人々を更に分断します。そのオリンピックにはどれだけのお金を使い、どれだけの人がそのお金で食べることができ、どれだけの人々が苦しみから救われるのでしょうか。どこまで人は感情、感性、考える力を失ったらすむのでしょう。 もう競争の時代ではありません。(オリンピッ…

真実を見る

この国は、私たちはどこへ行きたいのでしょう?(1)

2020年に入り、7月の長期豪雨、火球、サンピラー、異様な太陽の黒点活動など、日本だけ見ても自然界も様々変化がある一方、コロナ渦の時代に突入し、政治、経済、医療、仕事、仕事、教育など、あらゆる面で大きな動きや変化が起こっています。今の文明に大歪みが入り、大きく揺らいできたように感じます。思うこと、感じることが多すぎて中々筆が進まず、久しぶりのブログになりますが、光の存在からの言葉をまじえて、書いてみました。 *    * 「もうすぐ社会はカオスに入っていくでしょう。存在は人類が学ばないのを見ています。何が待っているでしょうか。良いものではありません。 現在、世界有数の製薬会社の間で熾烈なワクチ…

真実を見る

油断しないでコロナウィルス

さて、現在世界各国でコロナウィルスが再び猛威をふるい始め、半ロックダウンしている町や県、国がある中、日本では感染が緩んできました。本来なら、日本からコロナを一掃するチャンスの夏でした。 しかし、世界の進みに逆らうかのように、Go to travel、Go to Tokyo、Go to eat など、感染拡大対策と揶揄されるものが生まれ、次々と実行しようとしています。 また、海外であれほどの感染があり、これから冬にかけて日本でも第2波、第3波が予測される中、オリンピックを決行しようとしています。本当に実行されたなら、海外からどれほどのウィルス、進化したウィルスが入るか予測できるのでしょうか。 多…

真実を見る

お盆にちなんで2 -光の存在からのメッセージ

前回、お盆に関わるブログを書きました。今回は私ではなく、光の存在から伝え聞いたものをそのまま掲載したいと思います。これからの生き方の指針の一つとなれば幸いです。 昔の日本人の心を取り戻すことが大切です。今の日本人の心はどこに行ったらよいか分からなくなっています。先祖に対する敬いを忘れ、社会にも本当の愛情が足りません。コロナウィルスによるだけでなく、人々は互いを信ずることができず、疑心暗鬼になっています。 日本だけでなく、全世界が疑いの時代に入っています。国によって作られた社会システムは国民を疑い、疑いのマインドを刺激しています。物事をともに協力して創造していく、その愛が必要です。愛は結束のエネ…

真実を見る

混沌に向かう人類に光の存在から一言

長雨やコロナウィルスにより食料品全体の物価がかなり上がってきているように見えます。実感していない人も多いかもしれませんが、食料ばかりでなく仕事、経済などあらゆる意味において、物事が次第に厳しくなりつつあるのを感じます。 国家間、国と国民、国と県、県と県、企業と人々の中で、エゴ、対立、矛盾、理不尽、混沌、不透明さが驚くような勢いで膨ら始め、社会がバラバラになりつつあるようにも見えます。 そんな中、世界も日本も、コロナさえ乗り越えたら、もとのような社会が戻ってくると思っているかもしれませんが、どうしてもそのようには思えません。以下、光の存在からのメッセージの一部ですが、一筋の真理の光が皆様の心に差…

真実を見る

混沌の中で真実を見つける

最近、動物たちのかわいらしい行為、姿、そして今までなら犬猿の中と言われた違う種の動物間の友情、繋がり、そういったものがテレビをにぎわし、私たちの心を温かくしてくれます。 身近なペットの猫と犬ばかりでなく、フクロウと猫、犬とライオン、猿とイノシシなど本来なら敵対関係、食うか食われるかの野生動物間の関係に様々な変化が見られます。それは偶然なのでしょうか。たまたまその映像が取られて私たちに放映されただけなのでしょうか。 読者の皆様はよくご存知だと思いますが、宇宙から降り注がれてくる高まりのエネルギーは、日毎に強くなってきています。そのエネルギーを一番素直に吸収しているのが、自然と動物の世界なのです。…

真実を見る

変わりゆく現実

家の前のウグイスが朝から夜まで鳴いています。下呂ではいたるところでウグイスの声が聞かれます。先日始めて鳶(トンビ)の声を聞きました。動物は人の友達になるために送られてきていると言われています。彼らの透き通った鳴き声に感謝です。 オーストラリアの大火災から半年以上経ちますが、自然界の動物たちや虫、植物たちの中に絶滅していくものが急速に増えているようです。でもそれも宇宙から見れば、様々な惑星やデーターバンク、命の星などへ引き上げられていくようです。今地球で起こっている事、これから起こる事を正しく理解していくためには、宇宙との関わりの中で見ていくことが必要だと思います。 さて、私事ではありますが、あ…