レイキの旅ブログ

レイキの道を歩んでいく中で見た様々な光景を描いてみたいと思います

宇宙、地球、自然について

カナリア諸島、ラ・パルマの火山の大噴火

スペイン、カナリア諸島のラ・パルマで火山の大噴火があり、3ヶ月という長期にわたり活動を続けた後、やっと収束していきました。一昔前、ハワイに遊びに行った人から、ハワイの火山とその守り神である女神を描いた絵葉書を一枚も頂いたことがあります。ハワイの土着民の信仰に日本の信仰を重ね、興味を引かれたのを思い出しました。以下その自然現象に関する存在からのミニメッセージです。   「カナリア諸島の火山の大噴火は、人が火山の神聖な空間を冒したことを意味します。今、火山を冒すことは許されません。人類にとっての農地、豊かさ、富は火山にとって邪魔なものです。火山を犠牲にして儲けています。人は距離を取り火山…

未分類

八百万津の神の国の使命|

アメリカでは、ミズーリー州、アーカンス州など1日に30ものトルネードが襲い、町が崩壊し、100人を超える死者を出しました。名古屋から東京まで新幹線でも1時間半ほどかかります。その距離に匹敵するものを、一つの竜巻が荒らし回ったと言うから本当に驚きです。 バイデン政権に変わってからアメリカはアフガニスタンを見捨て、自国のワクチン産業を世界に強要し、今度は北京オリンピックのボイコットを諸国に誘導するなど、前政権とどこが違うのだろうと思います。 国も民族も個人もカルマを積めば積むほど、浄化がひどくなります。因果応報の原因と結果が時を待たずに直結してくる時代です。今まで積んできたものもドンドン噴出してき…

真実を見る

沈黙するウィルス

ここしばらく日本では異常に感染者が減ってきました。でも本当にコロナウィルスは消滅に向かっているのでしょうか。以下、(ブログでもできるだけ差し障りのない形で)光の存在からのメッセージをお伝えしたいと思います。 「あなた方の社会ではコロナが減っているように見えますが、現在人の体の中にいて、働いています。ワクチン未接種者の中で作られた抗体は、接種者の中で作られた抗体より強いのです。多くの未接種者の中では、人の神聖な部分が働いているからです。 中略 100%の免疫を得るためには、一切のワクチンのナノテクノロジーがあってはなりません。ワクチンのナノテクノロジーは自己免疫を弱め、更に重篤な危険な病気を作り…

社会

ファンタジーとリアル現実

さて、日本では新幹線で火をつけたりする事件が起きています。ここでも火です。でも乗客はイアホンなど装着していたりして危機意識がありません。 スマホ、パソコンなどテクノロジーが発生する情報電磁波は、繊細な人の脳や神経系統を圧迫し、マインド、メンタル、感情、スピリットなどに影響を与えています。 5Gのマイクロ電磁波は、人の耐性の限界を超えていると感じます。ケータイに関わる企業が、5Gやケータイの基地局がどのように電波で都会をカバーしているか、ドームのように描いています。 でもその電磁波ドームの中で暮らしていれば、これからもっと色々な事件が起こるでしょう。その中で、コロナ禍は格差社会に拍車をかけていま…

宇宙、地球、自然について

意志をもって動く火

ここ数年、カリフォルニアなど世界中で山火事が後を絶ちません。年々凄まじくなる状況を見聞きします。スペインもその国々の一つです。以下、スペイン国営放送でレスキュー活動に携わる様々な専門家が口をそろえて言っていたことです。 「最近、山火事で水をまけばまくほど、ガソリンをまいているかのように、火が強烈になる。下から力が吹き上げて来て、火がトルネードのように巻き上がる。こんなことは見たことがない。まるで大地を飲み込むかのよう。地獄の炎のようだ。とにかく、地球の中から来る力がとてつもなく凄い。火が自ら意識や方向性を持っているかのように、自分で自分を太らせて進む。火を消す方法が見つからない。」 地球は火と…

アセンション

アセンションについて二言

先日見た映画の中で、トム・クルーズが1000人のクローンのオリジナルとクローンを見事に演じていました。クローンは、オリジナルの記憶や感情、エモーションを受け継いでいました。私的にはとても参考になる映画でした。 驚かれるかもしれませんが、人類の云(うん)十%はクローンだということです。もちろん誰一人それに気づくこともないでしょう。その場合、自分のオリジナルはもっと向こうのパラレルワールドやネガティブな存在に捕らわれていることになります。 そのオリジナルを救出するのがアセンションです。ではどのようにして?自分のエネルギーを高め、内在している神聖なエネルギーを目覚めさせていけば、「値の法則」が働きま…

真実を見る

「2元性を上手に生きる」を学ぶ時

一見、世界では物事がすごいスピードで変化しているようです。でもどこにも向かっていないように見えます。どうでもよいことに人の時間を奪い、肝心なことがあちこち抜けている感じがします。最近、不便になったと思うこと、おかしいと思うことがたくさんあります。人類の進みにハムスターの観覧車(回し車)が重なります。 さて、アメリカは光と闇が最も対照的な形で動いている国です。素晴らしいものとそうでないもの、権力と愛、真実と偽りが生まれる国です。 少し前のことです。新しいニューヨーク市長が医療従事者にワクチンを義務づけました。アメリカでは摂取率は53%ほどです。アメリカでは真実を知っている人が沢山います。ワクチン…

真実を見る

「自分を愛する」とは

「自分を愛する」とうコトバが流行している時代です。 自分を愛するということは、自分の長所も短所も体のどんなところも受け入れて認めること。本当に自分を受け入れ、自分に意識を向けるようになれば、次第に自分を尊重するようになります。尊重すれば自分を大切にするようになります。大切にするようになれば、自分の体のことも感じるようになるものです。 自分の体に意識を向けると、体が欲しているものと自分が食べたい、飲みたいと感じるものと違うことが多いことにも気づくものです。少しずつ体と自分の繋がりが分かり始めます。そうなれば、簡単に外からの異物を信用するでしょうか。 本当に自分を愛するようになれば、死にそうではな…

社会

他国を見て学ばない日本

「自分のことだけを考えないで、他人のことを考えてワクチン打って。」これが今のスペインの常識です。日本でもあります。 ついにスペインではユーチュブでワクチンに不利なことを発言するのは禁止されました。真実を知ろうとしない、知らせない。データの公表はない。ワクチン接種後誰がどこで何人亡くなったか、誰も知りません。仮にワクチンに対して否定的なこと、副作用でさえ口にしようものなら、スペイン中の集合意識から猛反撃を受けることになるようです。それはワクチン導入時から今日まで続いています。 有名な芸能人でさえ一言真実を話そうものなら、国民は一斉に親指を下に向けます。国民全員が監視警察になっている、この集合意識…

光の存在から

光の存在から

「昔の人々は、田畑から取れた米やトウモロコシなどの作物を祭壇に捧げ、神々を呼びました。神々は降りてきて百姓を助け、豊かな収穫、魂の豊かさ、霊的豊かさを与えたものでした。現在、その神々と人々の間のコミュニケーション、絆は、ほとんど姿を消しました。 にんじん、なす、キュウリなど、色とりどりの野菜などを供える人もありますが、でもそれは少し違います。神は命あるものを望みます。殻つきの米粒、収穫したままの米。そこに生きる力、陰陽の力、気、プラズマエネルギーがあります。その生きているエネルギーが必要なのです。 スーパーで買ったものは、いくら高価なものでも生きていません。供え物は、農家から祭壇に直結していな…

レイキ体験 :いろいろ

土地の存在、神々との繋がりが必要な時代

佐賀、熊本、広島など、ここ数年豪雨による被害が繰り返されているように思います。日本では、昔からどの地域や村々でも、土地の神、産土神を祭り、決められた月日には、供え物をし、人々は土地や自分たちの守りなどをお願いしたものでした。疫病でもそうでした。 しかし、現在日本中で、多くの神社や祠が放置されているのを目にします。祭られていても住職もなく、住民の誰かが代表で時折面倒を見ている産土神社も増えているようです。 そのため土地などを守っていた昔の神々は姿を消し、代わりに違うものがそこに居座ることもしばしです。そうなれば、土地を守る力がありません。 地球の大浄化が始まりつつあります。想定外というコトバも古…

真実を見る

神々の声を聞く時、共に進む時

8月に入り、ここ飛騨地方でも雨が降ったり、やんだり、ほんの時折日差しが出たりとはっきりしない日がずっと続いていました。 先日夕暮れ時、飛騨バスから見た光景です。小雨が降りしきる中、温度も上昇し、山々に囲まれた飛騨川沿いに、もやがたれ込み、山の輪郭がはっきりしていません。 ずっと見つめていくと、そのはっきりしない世界に飲み込まれていくような感じになります。ふと、今の人の世に似ているなと思いました。人の意識も霞がかかっているかの感じです。多くの人の意識がケータイの向こうの意識界を旅しているように感じます。それでは現実も遠くに感じるのでは? 触れることができるのが現実です。ケータイの世界は多々、人々…