レイキの旅ブログ

レイキの道を歩んでいく中で見た様々な光景を描いてみたいと思います

アセンション

未熟な魂、進化していく魂 PART3

「惑星の崩壊時、宇宙や別の惑星にいたマルデック人は、フェニックス、火星、木星の衛星であるガニミデ、ロー、エウロパ、月、地球などへと逃れて行きました。しかし、時が経つと共に、マルデックの爆発が引き起こした重力場の乱れにより、移住した場所が私たちの生命活動にとって好ましい条件でなくなるものもあり、太陽系や太陽系外に別の居住地点を探し求め、たどりついた惑星の先住民を征服していきました。」 「それから何百万年も経ち、私たちの種族の中にも意識の分離があり、目覚めに向かう者たちも増えていきました。各惑星で、私たちの種族も異なった精神的進み、魂の進化がありました。しかし、残念なことに、地球人類の数々の闇の歴…

アセンション

未熟な魂、進化していく魂 PART2

ブラジルのアルマンド氏は、自らの霊的進化を求めて、瞑想の場所を求め、中南米の大自然を旅しました。そのプロセスで、彼は自分の目覚めを助けてくれる沢山の光の存在や宇宙から来た存在に出会い、次元を越えたサポートを受けるうちに、彼はかつて自分が何者であったのか、長い宇宙の転生の旅の中で自分がしてきたこと、巡り会った存在、体験を少しずつ思い出すようになりました。 現在、宇宙の様々な星や惑星から、沢山の存在が太陽系に来て、太陽系全体、及び地球のアセンションのプロセスに協力しています。木星には衛星が幾つかありますが、その第2衛星ガニミデにも地球の人類より進化した人類が衛星内部に居住しており、彼らも地球の「レ…

アセンション

未熟な魂、進化していく魂 PART1

最近、地球全体で、テクノロジーの進化と共に、人々が気づかないうちに、コントロール(監視)体制が強化されていくのを感じます。そういった見えない力の中、息苦しさが増してくるこの頃、久しぶりに明るいニュースがありました。香港の行政長官が逃亡犯(引き渡し)条例の改正案を正式に撤回したことです。 若者を中心とした香港の人々が、<行動>を通して、自分たちの思想や表現の自由を守るための大きな一歩を勝ち得た事は、まさに闇の中に一条の光を見る思いがしました。彼らの命がけの行動と忍耐には、本当に頭が下がる思いです。香港の人々の心に、一刻も早く、真の安らぎと平和が戻ってくるよう、心から願っています。 さて、2012…

レイキ体験 :いろいろ

時代と共に変化するヒーリングエネルギー PART2

目覚めとはどういうことでしょうか。何から目覚めよということでしょうか。 地球を外から見ると、目には見えない電磁波エネルギーの分厚い層に覆われているそうです。その地球を取り巻くエネルギーの壁により、人類の意識は宇宙や地球から切り離され、孤立しているような状態です。 つまり、私たちよりも文明の進化している存在の目には、地球人類は、宇宙のエネルギー、動き、時間の進みから取り残され、ぽつんと宇宙の中に孤立しているように映るのです。 地球をがっちりと覆っている波動の壁を強化しているものの一つは、人類の集合意識の波動です。人類の集合意識は、昔ながらのエゴに基づく権力闘争に明け暮れながら、過去の遺産の中で生…

レイキ体験 :いろいろ

時代と共に変化するヒーリングエネルギー

我が家での習慣の一つはヒーリングです。自己ヒーリング、ヒーリング交換が日課となってはや数十年。ヒーリングエネルギーも変化しました。目的も色々です。 お腹が痛い、頭痛、電磁波の影響を受けた、ネガティブエネルギーにやられた、変なものを背負ってきた、けがした、やけどした、内臓が変、ぎっくり腰寸前、人間関係、イライラする、鬱っぽい、のどが痛い、口内炎ができちゃった、心臓がバクバクする、息が苦しい、熱がある、気持ちが悪い、お腹が痛い、腎臓が痛い、尿が変、血便が出る、肝臓がダウンしてる、脾臓が働かない、膝が痛い、首が痛い、目が痛いなど、思い返せば限りがありません。 自慢ではありませんが、ヒーリングエネルギ…

宇宙、地球、自然について

科学が伝える地球の現実

今年3月に、スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさんが、「若者は地球を生きる権利を守るために立ち上がろう」と世界中に呼びかけた結果、その運動は120カ国以上の国で若者を中心に広がりました。彼女は現在もその運動の主唱者として様々な国で活躍し、今回公の席で次のように発言したそうです。 「気象問題、環境問題は待ったなしです。私の言うことは無視しても科学的な事実は無視できません。企業と政治は結託して、対策を講じると言いながら、結局何もしていません。彼らは科学が伝えることを真剣に聞くべきです。」我が国にとっても耳の痛い言葉です。 日本は大変自然にめぐまれた国です。しかし、その自然も開発という名の下で、どん…

宇宙、地球、自然について

私たちの選択

最近局地的な集中豪雨が多くなりました。雨がザーッと大きな雨音を立てて降り出すと、気になることの一つは、電車です。ちょっと強く降ったかなと思うとストップし、通勤、通学客を中心に庶民の足や生活、リズムに大きな影響を与えます。 昨日も用事帰りに何とか駅に着いたかと思いきや、電車は停止。何とか近くの駅に連絡を取ることができたものの、いつ再開になるかわからないとのことで、結局、駅で2時間弱、待つことになりました。(唯一救いは手元に本があったことでした。おかげで長い時間も結構読書に集中でき、楽しく過ごせました♪) 豪雨に限らず、都心部では最近、電車がよく止まるようです。人身事故ばかりでなく配電設備とかいっ…

社会

心身を蝕むテクノロジー 、それは皆が本当に求めているもの?

今までこのブログでもテクノジー、テクノロジーが発生する放射線、電磁波の危険性、害悪について、様々な角度からお伝えしてきましたが、その弊害は確実に深刻になってきているようです。 精神、肉体的な面だけではありません。人類社会全体が日毎に無機質になり、人間の進化としての本来の道から大きく脱線しようとしています。 スペイン国王がこのように発言しました。「テクノロジーは良いでしょう。でもいつもヒューマニズム(人間性)と共に歩まなければならない。ヒューマニズムがなくなれば、すべてが機械になり、人としての結束が失われ、冷たさが支配していく」 スペインでは連日、メディアや科学者、医師などがスマホの多用、乱用に…

宇宙、地球、自然について

お金になれば正義、開発=破壊?

ブラジルのアマゾン川流域の熱帯雨林は、世界でも有数の動植物の生息地です。アマゾン川といっても日本の裏側の国なので、ピンと来ない人も多いかもしれません。 でもその熱帯雨林地域は、地球の生き物や絶滅種を守るだけでなく、地球全体のエネルギーやガスのバランスを取り、気象条件だけでなく、地球の住民すべての存続条件を守る上で、大変重要な役割を果たしているのです。地球環境を守る最後の砦と言っても過言ではないでしょう。 アマゾンの熱帯雨林地域の20%は先住民の保護区だそうです。先住民族は命の糧である母なる自然を守り、森の中で伝統的な暮らしを貫いてきました。その破壊は金などの鉱物の発掘から始まり、彼らもアマゾン…

宇宙、地球、自然について

食料や水が足りなくなる!

今年は水が少なくなる、と伝えられたことを前に書いたように思います。2019年に入り、地球全体で去年より更に気象の変化が加速しているようです。 つい最近、スペインでは19の州が40~42度に達する猛烈な暑さに見舞われました。スペインは観光大国です。観光は水を大量に使用することをご存知でしょうか。バルセロナ、マラガ、ベニドーム、トレモリーノなど、国際観光地として毎年世界中から沢山の人が訪れます。 過激な観光は環境や水の汚染に繋がります。加えて雨が少なく、スペインの63%が砂漠化に向かって進んでいると言います。小麦農家なども気候変動により、大打撃を受けているようです。 お隣フランスでも6月28日には…

レイキ体験 :いろいろ

このままでは失明する人もいるかも?!

目、耳、鼻は人体の中でも最も繊細な感覚器官です。繊細であるので、外からの様々な刺激や衝撃の影響を受けやすくなります。誰にも肉体的能力と霊的能力が潜在しています。 こういった感覚器官を磨いていくと、霊的世界を知覚したりするようになる人もあります。肉眼ではキャッチできない周波数の世界を知覚したり、何もないところに死臭や花のような香りを感じたり、異次元の音や声を聞いたりなどです。 私にとって、現在目は、物を見るだけでなく、電磁波や電波の多い少ないを判断する良きバロメーターとして活躍しています。特に最近、電磁波や電波が多く集まっているところ、町中いたるところにありますが、そういったゾーンや建物に入ると…

宇宙、地球、自然について

日本の昔話と日本の太陽

私は昔から太陽が大好きでした。と言っても、命の根元である太陽が嫌いな人は誰もいないと思いますが、忙しい日常に気を取られて太陽に関心がない人は少なくないように感じます。 最近、太陽の閃光、フラッシュのような光は、太陽系の波動上昇に向けて、ますますバージョンアップしているようです。 太陽には9次元、10次元といった物質太陽ではない世界が存在していて、何百万もの存在が仕事しているそうです。中でも「ヘリオス」と「ヴェスタ」は偉大なエロフィンとして、太陽のプロジェクトの中心的な役割を果たしているようです。 太陽は、目下、宇宙からのフォトンエネルギーの強力なサポートを得て、エネルギー構造の大改革真っ最中で…