レイキ体験 :いろいろ

レイキ体験 :いろいろ

毒素と肺

今日は久しぶりに体のお話です。 風邪を引いて咳が出たり肺炎とかいうと、原因はウィルスとすぐ結びつけてしまいがちですね。確かにウィルスは肺に炎症をもたらしたり、免疫が下がっている時には命取りになりかねません。 でも肺にウィルスが感染、もしくは発生しやすい状態と、発生しづらい状態があるのをご存知でしょうか。ウィルスとて生物です。生物には生きていくために何らかの食べ物が必要です。その食べ物となるものが毒素です。 肺は血液を通して酸素と二酸化酸素を交換する器官です。そのため、体の地図帳で見て頂ければよく分かると思いますが、肺には毛細血管が張り巡らされ、ガス交換がしやすいような仕組みになっています。 さ…

レイキ体験 :いろいろ

法則の働き

あるOL、Aさんの体験です。若い方ですが仕事のできる方のようで、あるプロジェクトチームのリーダーを任されていました。よく気がつき、周りの後輩の面倒見も良く、皆から慕われてみえるようでした。 そこへ今年、新入社員としてきれいなSさんが彼女のチームに配属されました。某有名大学出身で、仕事の呑み込みも良く、新米だからと言って上司に笑顔でお茶を入れたりするので、特に年配の男性の目を引いたようです。 毎週、週末に課長とチームリーダーはミーティングを行い、仕事の進み具合の報告、反省、次のプロジェクトなど色々話し合います。仕事は全て順調に進んでいるように思え、彼女もやる気に燃えていました。 しかし、ある日、…

レイキ体験 :いろいろ

お腹は単なる臓器?

今日は久しぶりにヒーリングに関連するテーマです。 レイキのセミナーでもお話ししたことがあるのですが、日本語には腹にまつわる言い回しが多くあります。ざっと思い浮かぶだけでも、腹が立つ、腹黒い、腹わたが煮えくり返る、腹にためる、抱腹する、腹を据える、腹を割る、腹積もり、腹を決める、自腹を切る、断腸の思いなどがあります。 言葉だけを見ても、日本人は、お腹は単に食べた物を消化し吸収し、残りかすを排泄するという働きだけではないことを昔から知っていたことが分かります。 中々お腹を意識することはないかもしれませんが、例えば悔しい思いをして我慢した時など、お腹にぐっとそんなエネルギーが溜まる感じがしたことはな…

レイキ体験 :いろいろ

ヒーリングの極意 ― Aさんの体験実証

きょうは是非Aさんの体験談を皆様にお伝えしたいと思います。彼女はそれほど時間をかけることなく、レイキ、クォンタムヒーリングを随時学ばれていかれました。 それにも関わらず、その間、彼女が体験なさったことは、ご実家に起こったことは現代医療から見れば、奇跡かもしれませんが、それに続いて愛犬モコちゃんを通して体験したことは大変頭が下がる想いでした。 常々私たちは、目に見えない力、ヒーリングが本当に力を発揮するには、信念、信じる力が必要だと言ってきました。癒しばかりでなく人生全てにおいてそうです。しかし、道は短いようで長く、心が折れそうになることも少なくありません。 命、健康、病気といった側面においても…

レイキ体験 :いろいろ

うちの娘の体験

彼女が職場の人間関係でゴタゴタしていて、大きなストレスを抱えていた時のことです。 出社前には必ず仕事場に向けて、レイキとクォンタムのシンボルを使って遠隔ヒーリングをし、職場のスタッフ全員が愛と調和と平和のエネルギーで守られるようと努めていました。 それから3、4週間経ったある日、不思議な夢を見ました。夢の中でインドにいて、全く知らない人たちに導かれて電車に乗ると、ある小さな貧しい村に着きました。そこではインドの村の人たちが彼女を温かく出迎えてくれました。 ある木造建築のシンプルな建物に案内されました。彼らはそこでお祈りをしているようでした。目の前には神殿があるのですが、仏像も何もなく、その場所…

レイキ体験 :いろいろ

エネルギー感染PART3

 ではどうしたら良いのでしょう? そのようにエネルギーというのは、場所から場所へ、人から人へとキャッチボールするように伝わっていきます。気づかないうちに同調すればそのエネルギーで振動するようになり、病気など様々な現象に繋がります。 特にマッサージなど人の体に触れるお仕事についておられる方は、人に貢献するために、ある意味では、命がけで仕事をしていることになります。 それに対して安ければ良いだろうという経営戦略は、大変間違っているように感じます。目に見えない部分を無視しているからです。 人にセラピーを施す方は、まず自分が健康であることが基本だと思います。セラピストが不健康であればエネルギーを通して…

レイキ体験 :いろいろ

エネルギー感染 PART2

マッサージ業界で起こっていること 仕事の関係上、マッサージやリラクゼーションのお仕事をなさっている方々の健康状態を知るチャンスが多いのですが、本当に大変な状況が伝わってきます。 日々沢山の人の体に触れるのですから大変なお仕事だと、常々感じています。最近、マッサージの世界では2980円というのが売りになっているようですが、これはエネルギーの世界を知らないからこんなことができるのだと思います。 きっとマッサージの本質をよく理解していない方が資本金を投入して、日本全国を制覇しようとして生み出した経営戦略のように感じます。 お客様はストレスや心理的なつらさ、疲れなどから解放されたくてマッサージを受けら…

レイキ体験 :いろいろ

エネルギー感染 Part1

病気の院内感染はよくあります。 院内感染はウィルスが医療従事者と患者、患者の間で起こる菌やウィルスの感染によるものですが、それは医学的に検証できるので皆が理解できます。 でも感染はウィルス、菌、バクテリアのレベルだけではありません。エネルギーレベルでも感染します。むしろエネルギーレベルで起こっていることの方が日常的です。 今までセラピーを通して、様々な方に起こったことを目にしてきました。 あるお医者さんがおっしゃっていましたが、ガン病棟で働いている人はガンになりやすく、循環器系で働いている人は心臓や脳で倒れることが多いということです。 以前、リューマチで来られた方がいらっしゃいました。職業はヘ…

レイキ体験 :いろいろ

生き霊について

今日は久しぶりにブログを書くぞと机に向かったものの、何について書こうかなぁと思っていたら、あるマンガの本の表紙に生き霊と書いてあるのが目に飛び込んできました。あぁ、そういえばこんな体験もあったけ、と思い出したのが次のエピソードです。 ある女性が頭痛とお腹の不調を訴えてこられたことがあります。数日前からお腹は張るし食欲もなく、頭も重く苦しい、市販の頭痛の薬を飲んだけれども全く効かないとのことでした。事務所にお勤めということでしたので、また電磁波かなぁと思っていました。 光の存在のコラボレーションが最も得られやすいヒーリング技法である、アポメトリアを始めさせて頂きました。 予想とは異なり、電磁波は…

レイキ体験 :いろいろ

レイキと我が家のペットⅡ(PART2)

 レイキと進化し続けるルビ君 当時、私たちは自宅で多次元の扉を開いたグループ瞑想を行っていました。数年続けましたが、光の存在から受け取ったメッセージをお伝えする時には、ドアごしに隣部屋にいたルビ君が、メッセージを聞いているかのように、ドアの前に座り、両耳を立ててじっとしているのです。 お伝えする時には必ず、隣部屋でそのようにしているのです。まるで目に見えない多次元世界が彼には分かるようでした。 そういえば、御仏壇の方に向かってじっと座っている時もよくありました。30分くらい御仏壇を見つめているのです。動物は勘が鋭いと言いますが、肉眼のもっと向こうの世界をキャッチする能力があるのだなぁと思います…

レイキ体験 :いろいろ

レイキと我が家のペットⅡ(PART1)

一昔前、我が家にはウサギのルビ君がいました。白と黒のウサギで、目の周りが黒い毛に覆われ、鼻の上にはめがねのつるのように黒い線が入っていてちょっぴりインテリ顔でした。 ヒーリングや人の愛情のエネルギーを通して、動物も進化するんだなぁという大変貴重な体験をしたこと、今でも決して忘れることはありません。 ルビ君は最初の何年かはごく普通のウサギでした。 ウサギは初めての体験なので、当初ウサギにも感情があるのかなぁと思いましたが、すぐに彼は自分の本領を発揮し出しました。人間風に言えば、腕白坊主で、自分を表現する術を知っており、それがことにつけ、私たちの心をくすぐったものでした。自分の我を発揮するところは…

レイキ体験 :いろいろ

アトピーと過去世の記録

別のブログでアトピーについてお話させて頂いたことがあります。 今日は、セラピストの立場から見た、アトピーに繋がる異なる原因について触れたいと思います。 何年か前のことです。ある男性がアトピーで悩まれて来られました。小さい頃アトピーを発症し、ずっとステロイド治療を続けられていたそうです。20代になり、なんとかステロイドを日常から切り離したものの、皮膚が象牙質でかゆみがずっと続き、苦しい状態が続いていました。 今まで何やってもだめだったので、とにかくヒーリングを定期的に受けることを決意なさいました。予想したように、特にステロイドを多く使用したところを中心に、ステロイドの毒素が分厚い膜のようにねっと…